絶対に嫌

絶対にこうでないと嫌だ、だめだと思うことは誰でも1つや1つはあるでしょう。実際はきづいていないだけでもっとあるかもしれません。無意識に自分に根をはっているこの類の思いは、時に自分をとても苦しめます。


いったいなんでこんな悩まないといけないんだろうとあまりに悩んだ先にみえた光が、自分のなんらかのこだわりや固定観念、思い込み、執着が種になっているという現実に直面したことはないでしょうか。環境や相手に問題があると思っていたことが、実は自分の側にも要因があった。


わかったらラッキーとも言えないのがこの手の原因たち。なかなか手ごわくて、そう簡単には手放せないものです。今までの自分の意思決定や生き様、何等かの選択のベースになっていることが多いのでそれを手放すことは、ちょっとはそっとの決心では難しいものです。さらにあらゆるところにそれが習慣という形でパターン化された思考や言動になっているので逐一変えていかないといけないという事になります。


今までの自分を否定するように思えたり、誰かに話した事や行動との整合性がつかず周囲に理解してもらえないことがでてくるでしょう。まれに、急にあの人どうしたんだろう?と随分、従前とことなる雰囲気になったり、言動をしたり、わかりやすくいうと、転職したり離婚、結婚したりとしていく人は、時にこの縛られていたものから解放された人なのかもしれません。 時にうらやましく思うこともあるでしょう。


そこまで現実生活を変えるほどでなくても、悩みに影響を与えている固定観念であれば手放したいものです。私もぱっと思いつくだけでも、かなりの固定観念があって、手放したいと思いながらなかなかできずに立ち往生していることはあります。


残念ながら魔法のようにこれも解消したり手放すことはできないので、こつこつと少しづつ丁寧に見つめていくしかないのでしょう。ヒーリングやリーディングといった専門的なサポートをうけたことで、気づく事、手放す対象と認識できるようになりましたが、それまでは「正しいに決まっている、私の主張を否定するとは何事か」と怒りすら覚えていたように思います。当時は、なんとも生きずらいというか毎日が重労働な感じでした。そこから出られただけでも良しと思っていましたが、もう一歩軽くなりたい。2018年のうちでにいくつ手放せされるかという感じです。


睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵