人から言われたこと

どんなことでも、相手が誰であれ、何か自分についてのコメントをされたとき、ネガティブに反応することがあります。それは、怒りや不安を感じるとかそこまででないにしても、そんなことないよとそのコメントが正しくないと感じる場合も含めてです。


内容については、その内容がどうであれ、相手のコメントに反応する電極が自分の中にあるのです。それは直接自分に話してきたことではなく、何かで三期きたした場合も同じです。顕在意識で嫌だ、腹立たしいとすぐ感じることは、まあ本人もわかっていることだと思いますが、顕在意識ではそんなつもりがないのになんだか、「いやそんなことないよ」「ええ、なんでそんなこと言われないといけないのかしら」と思うことは、本人がきづいていない地雷が埋まっているということです。


相手によって、「あの人には言われたくない」と感じる場合。別の人なら、素直にはいそうですねと聞き流せるところを、特定の人に言われるとどうにも納得いかない場合というはないでしょうか。これも、内容というよりは、その相手の人に反応する電極が自分の中にあるのです。数日前の嫌いな人について書いた記事と趣旨的には同じですが、反応する何かがあるということです。


どんなに腹立たしく感じる内容であったとしても、自分の中に電極がなければ、何も感じないのです。信じられないでしょうか? わたしは、昔しんじられませんでした。そんな自分に原因があるわけがないと、相手がこちらに好意的ではないことをいってきたのであると、まったく理解できなかったのです。


しかし、今となってみると、やはり自分の中に呼応するものがあるからこそ、そういう人を引き寄せて、さらにそれに反応するという奇妙な現象が起き続けるのです。ここでも他者に原因を求めても問題は解決しません。


あの人があんなこと言うのが悪い、無神経だといくら心の中で叫んでも、相手を変えることはできません。もし、そういうことは言わないでほしいと伝えて、あいてもこちらが嫌がっていることを理解してくれたとして、言うのはやめてくれるでしょう。しかし、それは「言う」という行動がとまっただけです。相手は、当初感じたことを是正したわけではないのです、ただ、聞こえないようにしただけ。これがうまくいったとしても、不思議と同じようなことを言う人が現れます。


そうです、これもまた逃げ切るのが難しい案件です。腹をすえて、対峙いしないことには手をかえ品をかえ、登場人物をかえて現象化してくるのです。

睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵