刺激

自分の内面や感じること、悩み、現実的な仕事や生活環境など、何かを変えたいと思うことはないでしょうか。簡単に変えられることもあるし、なかなか変わらないこともある、変わったとおもったけど気が付いたらもとに戻ってしまっていた、大変だったけど一定期間を経て変化し定着することもあるでしょう。


変化を起こすためにはどうしたらいいのでしょうか。一定期間、変化のほうに意識や力をかけ続けて、変化した状態を自分に定着させるのが、時間はかかるもののゆるりと変化し抵抗もおきにくく、定着度合いも高いように思います。


しかし、それができないから、変化できないんだよ、という場合もあるでしょう。というよりこちらの場合のほうが圧倒的に多いのかもしれません。一定の抵抗があって、変化させようと思っているのに変化するための力をかけられない、そもそも、力をかけることすらできないという状況があるのではないでしょうか。


まずは、自分に変化することに対して抵抗があることをきちんと受け止める事は肝要です。「ああ、まあ抵抗かな」くらいの感じであれば、それこそ抵抗を助長します。簡単に自意識は諦めてくれるので、もうちょっと抵抗してやればいいという意識が働くでしょう。真摯に抵抗を受け止める事で、事の重大さをきちんとキャッチしたほうが動きはでやすくなるでしょう。真摯に抵抗していることを理解し受け取ったなら、次は、その抵抗をどうやってかわして進んでいくかを模索したいところです。地道に変化の力をかけ続けるのは、一定の持続力とコミットメント、意思の強さが必要です。でもこれも人それぞれで、強弱があるものです。では弱い人はもうどうしようもないかというとそんなわけもないでしょう。


変化したい状態、こうありたいと思っている状態や状況があるわけなので、その望ましい状況を強制的に体験する機会をもつことが1つの刺激として有効でしょう。なかなかそのレベルまで変化は難しいな、もうちょっとレベルが低いかもしれないけれど変化したいと、多くの人は安全圏で変化を求めます。でもここをターゲットにしていると、必ずさらにそこからよりレベルが下がったところに落ち着きやすいのです。


それを回避するために、高望みであるというくらいの体験や状況を刺激として定期的にいれることは変化を起こすためには効果があります。これの最たる例は、自分のこうありたいと思う人と付き合ったほうがいいとか、そういう人が集まる場に参加したほうがいいとかいうことでも表現されるでしょう。実際に、目指すところを知る事、そして知って、実際はそんなに無謀な希望ではないことを実感、体感することが大切でしょう。自分には無理だとおもっていること、あの人は特別努力したから、才能があったから、達成できた変化できたとおもっているかもしれないけれど、決してそんなことはない、その意味の実感をうけとるということでもいいのです。


そろそろ来年に意識が向き始めるころでもあります。私は毎年、この時期よく思っていました「ああ、今年も結局何もかわらなかったな」と。さすがにここ数年はもうこういう認識はもちたくないと感じていました。そのため、実践した方法ではあります。刺激をいれること。今までと同じやりかた、ペースであれば、変化はなかなか難しい。今までのやりかたで思った結果がでないなら、少しアプローチを変化させてみてはどうでしょうか。


のんびり目にしていた人は、急いでやってみる。とにかくできる限りの負荷をかけてやってきた人は、ほどほど負荷で毎日を過ごしてみる。どちらも本人にとっては今までと異なる刺激です。同じことをつづけて一定の効果をえるということは大前提として否定の余地はありません。でも停滞したり、ちょっとストレッチして何かこえたいものがあるとき、何かしら刺激をいれてみるとことを選択肢にいれてみましょう。


いつも自分ひとりで頑張ってきたのなら、誰かにアドバイスを求めてもいいし、いつも誰かに頼っていたなら自分ひとりでがんばるのもいいでしょう。そういった、方向性の悩みや相談も含めて、いつでもご連絡いただければと思っています。

睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵