2019年覚醒塾


2019年は覚醒塾の第1ステージのうち、第2タームと第3タームを開催予定としています。

私自身も過去に受講したものですが、これを受けて何が変るの?何の意味があるの?とたくさんクエスチョンマークを抱えながら受け始めました。自分に向き合う、自己固定感を上げる、自分の心を声を聴く、こういうことができれば幸福感は上がるのはわかるけどでも具体的に何をしたらいいのか、そんな具体的なコンテンツが覚醒塾には含まれているように思っています。ご興味があれば、ぜひご参加下さい。詳細は、メールにてお問い合わせ頂ければと思います。mail:  yurimarie2015@gmail.com


いくつか、受講生のかたの感想を頂きましたのでシェアさせて頂きます。

・当初、心の基礎体力のようなものを付けたくて受けました。ヒーリング、リーディングと、どうしても他者に依存して、答えを求めがちな私が、自分で答えにたどり着けるような基礎体力を付けること、その方法を知りたくて受講しました。受けてみて、覚醒塾は、数学の方程式を覚えて実践していくようなものと感じている。自分にとっての問題に直面した時に、その問題の解き方のパターンをいろいろ身に着けておくことと捉えています。 毎回の講義で方程式を覚えて、とても基礎的な問題でそれを使ってみることを体感する。そして、自分の中で、方程式が増えてくると、問題や困った事が起きた際に、どれとどれを組み合わせれば、効率的に解けるかがだんだんわかってくる。以前は、問題や悩みが起きること自体がとても怖かったが、解き方がわかってきたので、問題が起きても怖れは減り、大変でもいつか抜けられると信じて取り組もうと思えるようになった。

・覚醒塾は、部活をみんなでやる、みたいな連帯感とお互いを評価しあえる、という魅力があると思います。目に見えない力のことについての興味があったので、その辺の話ができる仲間がいるのは単純に楽しいです。講義自体はそういう話はあまり出てこず、一般常識で理解可能と思われる範疇です。しかし、講義の内容は、予想もつかないようなことで、私にとっては、こんなことを普段考えてない!という内容だったり、あえてそれ?!という内容でした。しかもそれを、ちょっと気をつけてみる、だけでなく一ヶ月まるまるという、ものなので、なかなかの定着力があります。一週間に一度近況報告した後の講師からのフォローのメールも実は楽しみにしてます。やる気の時ほど楽しみだったりします。自分の生活の中では、家族関係にちょっとずついろんな変化もあり、やってよかったなぁ、とじんわり、じんわり、嬉しい瞬間があったりしてます。

・もっと若いときに受けたかったなと感じています。落ち着いた感情を持ち合わせることによって、人となりが形成され、落ち着いた感情が子供達にもいい影響を与えてくれる。知識は本から補うことが出来ますが、感情への向き合い方は、覚醒塾でしか身に付けることが出来ないのかなと思いました。




睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵