誰かに選ばれる

日本の既婚率が下がっていて、子供の出生率も下がっているといわれています。いったいもう何年たったんでしょうか。つまり、男性にとっても女性にとって、結婚のメリットがあまりない状況はかわっていないのでしょう。 私の周りにも独身女子、独身男子はたくさんいて、結婚しているひとを探すほうが時に難しくらい独身の人は多いなと思います。

これもケースバイケースですが、特に女性は結婚すると、夫の家族とのつきあいや、家事負担が増える、子供の世話の負担が大きい、そしてなにより出産しないといけないのでその間仕事をやすまざるをえないといったデメリットが大きくクローズアップされて、「結婚はそこまで望んでしたくない」という声が大きいように思います。

さらに、ある程度、経済的に自立できていて、仕事も面白い、時間も自由、となるとなおさらそこまで結婚しなくてもいいよねという傾向はつよくなるでしょう。私も、そう思っていました。まったく結婚願望はなく、どちらかというと否定的に結婚を考えていて、女性は結婚すると損するようなきがする、と思っていました。

でもそんな中でも迷いの有無にかかわらず結婚する人はいて、面倒になるとおもっていても結婚する理由ってなんなんでしょうか。

「どうして結婚したの?」と何度か質問されてことがありましたが、聞かれるたびに、「どうして結婚したんだろう?」と考えるものの私も明確に理由がみつからないままでした。とある本を読んでいて著者の意見としてかかれていたのですが、仕事をするしない、学校に行くか行かないかは自分の意志でするしないを決めたと、つまり個人の意思決定と捉えられる。でも、結婚は相手が必要なことなので、結婚しない状況を自分の意思決定と捉えてもらえない、世間の目、つまり選ばれなかったのよね、となるからではないかと書かれていました。

そして、世間の目は、実は自分の心の目でもあるのです。誰にも何も言われていないけど、なぜだかそう思ってしまう。選ばれなかったという思いをさけるために結婚するひとはそれなりにいるのではないかと思いました。私も、とりあえず、この目をさけるために結婚したのかもしれません。選ばれなかったという自己否定感をさけたかったのかもしれないですが、自己否定感は、結婚にまつわるものが結婚によって消えたとしても、別のトピックスとして消えることはないのですが。





睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵