嫌なことからは逃げたい

嫌だなと思うことはありますか?
随分、減ったものの、嫌だな、避けたいな、見たくない、やりたくないことは色々あります。うっかりすると、回避するための方法をあれこれ考えて、後ろ向きなことを模索していることもあります。これが自分を守るための場合もあるし、必要なときもあるでしょう。

でも、ずっとこれをやり続けていると前に進めないでしょう。さらには、度が過ぎると、今まで逃げてきた分がまとめて目の前に現れることになるものです。うまくかわせた、避け切れたと思っているのはほんの一瞬の小さな痛みや苦痛だったのですが、まとめてやってくるとそれなりのインパクトと強度をもってやってきます。
そして、そうなると再起不能なくらいのダメージを受けかねないので、ほどほどにしておきたいものです。

どんなことでもそうかもしれないですが、嫌だなと思うことに関して、自ら行動したこ場合と、結果的に行動させられた場合の感覚はどうでしょうか?

同じ行動でも、前者のほうが受ける影響は軽く、後者のほうが重くならないでしょうか?やりたくない宿題を、嫌だけど自分から机に向かってやるのと、親に無理やり机の前に座らされてするよう強制されるのは、どちらもやりたくない宿題だけど、後者のほうがダメージはおおきくないでしょうか?

目を背けておきたいことでも、自分の生きる目的のために、必要なことであれば、少しでも自分から関われるようになると結果的に生きるのは楽になるかもしれません。遠巻きに逃げ気味に見ていると、ただ逃げているだけで、対処方法もみつけにくいし、理解も進まずただ、嫌な感じだけが増幅していきます。

もし、一歩すすめたら、全貌が少し理解できて思ったほど嫌じゃないこともあるでしょう。わからないから余計嫌な方へ意識がいってしまうのです。

少し自分から一歩前に進んで、様子をみてみることから始めるといいかもしれません。2020年になる前にその一歩をだしておきたいものです。


睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵