わたしが悪かった?

ふとした瞬間に、「私が悪かったのかな」「私がわるいことをしたんだ」「私が申し訳ないことをしてしまった」こんなフレーズがよぎることがありませんか。自分に何か責められるべき点があると、何かの責任を自分にもたせてしまう。これは1つの癖です。いつの間にか身についてしまった、程度の差はあるものの、たいていの人がもっている癖です。

出発点は、インナーチャイルドが多いのかもしれません。運悪く、何かしら私がこんな悪いことをしたんだと、周囲の人から言われ、責められ、私が悪いと感じるべきだと回りを固められてしまったのでしょう。 その結果、いつも私がわるいことをしたんじゃないか、また責められるのではないか、と不安になって、上記のようなフレーズがしょっちゅう頭の中をぐるぐるすることになってしまいます。

自己否定とも言えるこの癖は、「私は悪くない」と思うように練習することから始めるのがいいのかもしれません。最初はとにかく、上記のようなフレーズが頭をよぎったら「いや、私はわるくない」「私は、申し訳ないようなことはしていない」と最初のフレーズを打ち消すことから始めないと、つまりは、形式的に始めてみないとなかなか、実感をもって「私は悪くない」と感じつづけることは難しいものです。

簡単に変えられるくらいならそもそもそんなフレーズは頭をよぎらないわけです。でも形式的にこの練習を続けていくと、腑に落ちてくることがあります。 

誰かが傷ついたかもしれない、誰かが嫌なきもちになったかもしれない、それは私のせい、私が悪かったのかもしれないと感じているけれど、本当にそうなんだろうか? 

私は何かしらを発言したり、態度をしめしたけど、でもそれに対して、どう感じるかは、相手の人、次第。気にするのも、きにしないのも、相手の自由なんだけど、相手の人は、傷つくほうや嫌なきもちになることを選択したんだ。 この捉え方が腑に落ちてくるときがやってきます。 どう感じるのも、その人に自由と選択肢があるんだけど、その選択肢を私がきめているわけではないのです。 その意味で私はわるくない、と感じられると、理解できるといいんだろうなぁと思います。

このフレーズは、自分で自分を傷つける最たるもので、自己否定のエネルギーを増大させていきます。だから、このフレーズに気づいたら、「危ない 危ない、私は下り坂モード」に入りそうだと気を取り直して、自分にしばらく暗示をかけてみましょう。相手が傷つくのも自由なんだけど、私が悪くないと自分を肯定するのも自由なのです。このロジックを理解しているのに、相手を意図的に傷つけるのはまた別の話で、それは。こんど自分に返ってきてしまいます。物理現象の面白いところですね。

あと数日で、年が変わります。もう変わっているような話もありますが、新しい年は、自分が悪いかもという発想から自由になって、自己否定のない年にしたいものです。






















睡蓮と意識

一悟術リーダー ヒーラー 由利真理恵